レガート知財事務所は、「知的財産」を通じて、企業の経営を考える事務所です。

レガート知財事務所は知的財産の町医者です。

「知的資産」「知的財産」を糧として、企業が活性化し、イノベーションを継続できるような方策を提案します。
特に、「知的財産部」のない中小企業に対しては、企業の「知的財産部」として活用いただける用意をしています。
「知的財産の町医者」として、気軽にご利用ください。

「レガート(Legato)とは繋ぐこと

事務所名称「レガート(Legato)とは、音楽用語で、「 音と音の間に切れを感じさせず,滑らかに続けて演奏する方法」をいいます。
私たちは、「滑らかに繋ぐ」と理解して事務所の名称としました。
例えば、こんなことを考えています。
・種々の知的財産を繋ぐ(多面的な保護)
・商品開発と知的財産を繋ぐ
・知的財産と経営を繋ぐ
・クライアントの方と、弁護士・デザイナーなどの専門家を繋ぐ

レガート事務所と繋がることのメリット

今、社内体制やおつきあいされている弁理士を含めて
以下のような悩みはありませんか。

 

・特許はよく分かるけれど、意匠や商標はよく分からない(アドバイスしてもらえない)
・不正競争防止法・著作権法・景表法への対応がよく分からない
・知財の契約をしっかりとしたいけれど、相談できる人がいない
・自社の「知的財産」「知的資産」を経営に活用したいが、手法が分からない
・「デザインによる経営」という考え方が分からない

 

レガート知財事務所では、これらの悩みを解決することができます。

 

・レガート知財事務所は、意匠・商標を特異とする数少ない特許事務所です。
・レガート知財事務所は、不正競争防止法・著作権法・景表法などについても
 的確なアドバイスをいたします。
・レガート知財事務所のの代表者(峯)は知的資産経営認定士です(登録番号A0357-00117)
 知的資産経営のアドバイスをいたします。
・レガート知財事務所のの代表者(峯)は、20年以上続くデザイナー・企業・中小企業診断士・税理士
 等をメンバーとする会合で、デザインと経営の関係を考えてきました。

 

中小企業・スタートアップ企業を応援します

レガート知財事務所は、
・知的財産権がない
・知的財産の専門家がいない
・開発の専門家がいない
だけれども、自力で伸びる力を持ちたい
という中小企業・スタートアップ企業を応援します。

特許業務法人レガート知財事務所東京都新宿区高田馬場2−1−2TOHMA高田馬場9階電話:03−3207−4403 FAX::03−3200−9120