レガート知財事務所は、「知的財産」を通じて、企業の経営を考える特許事務所です。

中小企業の方々へ記事一覧

レガート知財事務所の前身である峯特許事務所は、中小の製造業の方々とのおつきあいを通じて成長してきました。峯自身が印刷会社の出身であり、工場の雰囲気が大好きです。製品ができあがるところをつぶさに見ながら社長から「ここがすごいんだよ」と自慢話を聞きつつ「特許」の内容を考える。弁理士として、楽しい時間です。近年、そのような楽しさの味わえる企業が少なくなっています。今、まだまだやるぞ、と考えている中小製造...

スタートアップ企業の支援は、前身の峯特許事務所時代から行っており起業時から支援して上場まで行った企業もあります。支援の具体例は「料金について」をご覧ください。その企業は、起業時から知的財産を意識しており最初の相談は意匠登録でしたが、その後企業経営のベースとなるシステムについて「特許出願」を行いました。この特許は、今でも企業経営の根幹として生きています。今のスタートアップ企業知的財産に対する意識にか...

知的資産・知的資産経営とは、経済産業省のHPで、次のように記されています。「知的資産」とは、人材、技術、組織力、顧客とのネットワーク、ブランド等の目に見えない資産のことで、企業の競争力の源泉となるものです。これは、特許やノウハウなどの「知的財産」だけではなく、組織や人材、ネットワークなどの企業の強みとなる資産を総称する幅広い考え方であることに注意が必要です。さらに、このような企業に固有の知的資産を...

page top