レガート知財事務所は、「知的財産」を通じて、企業の経営を考える事務所です。

知的資産について記事一覧

「知的資産経営報告書」とは、企業が有する技術、ノウハウ、人材など重要な知的資産の認識・評価を行い、それらをどのように活用して企業の価値創造につなげていくかを示す報告書です。過去から現在における企業の価値創造プロセスだけでなく、 将来の中期的な価値創造プロセスをも明らかにすることで、企業の価値創造の流れをより信頼性をもって説明するものです。(近畿経済産業局HP 以下の図も同じ)

「知的資産」あるいは「デザイン」による経営について、雑誌「発明」に2年間にわたって連載した「デザインによる知的資産経営」を掲載します。経営の参考になればと思います。

page top